BLOG,  布しごと

帯を旗に…

5/24〜6/2に開催の内外海田烏 海のステージに使われてる、旗を縫うお手伝いをさせていただきました。

イベントで何かのカタチに使って下さいとのことで、譲り受けられた着物や浴衣の帯。田烏のイベント会場の目印になる旗にするというお話でした。

布を縫っている間に、
帯の柄や織りの細やかさ、色の鮮やかさや裏表の色使い、すばらしい文化だな、とあらためて感じました。
そして日の目を見ないでいたものが、この様なカタチで活かされることを、とても素晴らしいと感じます。

当初、竹を通す わ に縫うとのことでしたが、少しでも長く良い姿で旗の役割ができるよう、端の始末もきっちりさせていただきました。またこのイベントが終わった後にも、何らかのイベントでも使われたり活かされるよう、願いを込めてしっかり縫い仕事をしておきました。

このイベントが終われば、使われないものになり、廃棄されてしまうのかもしれない、せっかく良いものなので、また次に受け継がれるように…イベントなどで使われると嬉しいです。
使いたい方がおられましたら、ぜひ手をあげてくださいね。

みなさま!50本の旗を目印に、田烏 での数日間を楽しまれてくださいね。

詳細は、内外海田烏海のステージ HP
https://www.uchitomi-uminostage.com

Facebookページ
https://m.facebook.com/uchitomi.uminostage/